紹介予定派遣

最長6カ月間、派遣社員として働きながら、自分にマッチした仕事内容、職場かどうかを見極め、企業に対しては「適性」や「やる気」を認めてもらうことで正社員になる働き方が「紹介予定派遣」です。

紹介予定派遣のメリット

1.仕事内容についての適性を知ることができる

与えられる仕事が難しいのか簡単なのか、感じ方は人それぞれです。「手持ち無沙汰になって仕方がない」「自分が考えていた仕事とは違う」…。実際に働いてみてギャップを感じることもあります。
紹介予定派遣であれば、そんなギャップが少しでも縮まるよう、私たちもサポートすることが可能です。 

2.職場の雰囲気や人間関係を知ることができる

私たちもできる限りの情報を事前にお伝えできるよう心掛けていますが、“合う、合わない”は、働いてみないとなかなか見えてこないものです。
職場の雰囲気との相性や人間関係を知ることができるのは、紹介予定派遣の大きな魅力の一つです。
 

3.あなたの「やる気」や「適性」を知ってもらうことができる

紹介予定の派遣期間は、あなたが勤務先を知るチャンスであると同時に、紹介先にあなたを知ってもらうチャンスでもあります。プロフィールからだけでは判らない「ここで働きたい!」というあなたの熱意や仕事への姿勢、適性、人としての魅力など、じっくりと時間をかけて理解していただくことができます。
 

4.自分のライフスタイルをイメージすることができる

「通勤に意外と時間が掛かる」「残業や休日出勤が予想以上に多い」「繁忙期と閑散期の波が大きい」などなど…。働いてみないとわからないことはたくさんあります。
紹介予定派遣であれば、正社員になった時のことを想像しながら働くことができます。
 

紹介予定派遣はこんな方におすすめです

今までの経験を生かして、正社員で活躍したい。

正社員で働きたいけど、人間関係や社風に馴染めるか不安。

いろいろと慎重に判断して会社を選びたい。

紹介予定派遣の特徴

1.派遣期間は決まっている

派遣期間は、最長で6カ月までと定められています。派遣期間を経て労働者(派遣労働者)と派遣先の双方が合意すれば直接雇用に切り替わります。いわば『直接雇用前提の派遣就業』です。正社員採用の場合に多くの会社で試用期間を設けるのが一般的ですが、試用期間を派遣に置き換えているようなものです。就業前に面接もしっかり行われますので、ミスマッチは少ないと言えます。
※紹介予定派遣では直接雇用ののちに試用期間が設けられることはありません。
 

2.直接雇用になった際の条件明示

紹介予定派遣の場合、派遣就業開始前又は派遣就業期間中に直接雇用になった際の求人条件(賃金や休日休暇といった待遇面)を事前に把握することができます。応募段階では想定される給与に幅がありますが、派遣期間が満了を迎える前=直接雇用になる前に、あらためて具体的な就業条件の明示がなされます。それを踏まえて直接雇用のオファーに応じるかどうかの判断が可能です。
 

ちなみに…(豆知識)

紹介予定派遣という働き方は、アメリカでは「テンプ・トゥ・パーム(temp to perm)」や「テンプ・トゥ・ハイヤー(temp to hire)」という呼称で広く一般的に知られています。

紹介予定派遣の流れ

派遣登録から入社までは以下のような流れになります。